オオチドメ

多年草。道ばたや畑の周辺、果樹園などによくはえる。茎が四方に広がり各節から根と葉を出して増えるのでしばしば群生し除去し難い草である。葉には長い葉柄があり、その先に円形で基部は心臓形の葉をつける。葉は浅く7~9裂し表面は光沢がある。夏に長い花柄を出して先に花が咲く。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.