コゴメガヤツリ

1年草。生育期間5~10月。種子で繁殖。日当りのよい場所によく生育し、畑地、あき地、道ばたなどにはえる。春に発生し、はじめは線形の葉を数枚出して多数出しやがて茎が立つ。茎は3稜形で平滑、株元で何本にも分けつして多数そう生して株になる。高さ10~40㎝。葉は線形で根生する。茎の基部にも2~3個つく。茎が大きくなると葉はあまり目立たない。全体に香気がある。夏~秋に茎の先に長い葉のような包を2~3枚出し、その間から5~10本の枝を出し、枝はさらに分かれて多くの小穂をつける。
小穂は黄褐色でもみ(籾=米)に似ているのでコゴメ(小米)ガヤツリの名がある。

- 一覧へ戻る -

▲ Page Top

This website is copyrighted by ISK BIOSCIENCES K.K.